婚活ブログ~図々しいアラサー女の結婚秘話~

婚活ブログ
婚活ブログ

希望条件
年収1000万以上の年齢30代のイケメンを求めている
そこのアナタ。

「図々しい」なんて言われたことありませんか?

そうです。アナタは図々しいのです。

でもそこでアナタの希望条件を直ちに諦める必要は
ありません。

「なぜポラリス紅央はそんなことを言い切れるの?」
とアナタは思うことでしょう。

今日は私が指導した女性の婚活成功秘話を
お話しさせて頂こうと思います。

もう数年前になります。あの日は1月の中旬。

27歳女性Kさん【職業 キャバ嬢】が
私の所に来られました。

まずは私は彼女に私の所に来た動機を伺いました。

彼女はもうすぐキャバクラを引退して
幸せな結婚生活を送りたいとのことでした。

彼女曰く、今婚活をしなかったらキャバ嬢としては
もう若くないので人生が不安だから
何としても婚活を成功したいとのことでした。

私は彼女からすごく熱い思いを感じました。

私は希望条件はどんな感じなのと彼女に伺いました。

すると彼女の返答はこうでした。

彼女は「顔は嵐の大野君で年収は1000万以上で
30歳くらいの方を考えています。」と仰いました。

思わず私は飲んでいたコーヒーを吹きそうになるのを
ハンカチを使って我慢しました。

私は優しい口調だったかわかりませんが
「それは図々しいですね」と言いました。

すると彼女は驚いた顔をしていました。

ですので、私はどこが図々しいのか丁寧に彼女に
指摘しました。

「アナタは相手にこれだけ高い要求を押し付けて
アナタは相手に何を与えれるますか?」と
そこで彼女は「おいしい手料理」と仰いました。
どうやら彼女はお料理が得意なようです。

しかし、私は間髪を入れずに
「アナタの手料理に500万以上も
誰が出すのですか?」と言いました。

すると彼女は1分程黙っていました。

黙っている彼女に私はこう言いました。

「おいしい料理を提供するのは飲食店がしています。
アナタが一流のシェフでない限り、毎日男性に料理を
提供しても年間500万もかからないでしょう?」

「つまりアナタのアピールポイントの料理では
アナタの理想の相手との結婚は難しいですね。」と

私ははっきりと彼女に言いました。

「でも理想の人と結婚することを
諦めないでください。」と私は彼女に言いました。

それを聞いた彼女は「は?」という顔を
していました。

「アナタの持っているもので
もっと価値のあるものがありますよ。」
と私は言いました。

するとキャバ嬢の彼女は「私のからだですか?」と
言いました。

私は彼女の思考力の浅さに頭を殴られた気分に
なりましたが怒りを抑える努力をしながら
彼女に言いました。

「アナタに限らず、からだなんて
長い結婚においては高値はつきません。」と
私はきっぱりと言いました。

では高値で売れるものって・・・?

それは愛情です。

結婚生活において必ず双方に必要なもの。
それは愛情です。

これは結婚のための婚活においても
結婚生活においても
最も価値があるものです。

すると「なんで愛情が高く売れるのか?」と
彼女が聞いてきました。

「本当の愛情というものは実はなかなか手に
入らなくて、それを手に入れたくて
結婚するんです。ですので愛情には価値が
あるんですよ。」と私は答えました。

「だから愛情を人に与える努力をすれば
相手からすぐに見返りがなくても
アナタの理想の人と結婚できますよ。」
「だから相手からの見返りを期待せず相手に
愛情を与え続ける努力をしましょうね。」
と私は言いました。

すると彼女は「見返りを求めずに愛情を与えるなんて
難しいです。」と言いました。

「人間って見返りを期待してしまうと、愛情を
与えることだけに集中できないんですよ。」
と私は言いました。

彼女は3ヶ月間、人に愛情を与える努力を
私の指導の下学びました。

ついに7ヶ月後、27歳kさんの希望の条件
年収1000万円以上で今田耕司似の
素敵な男性34歳と見事成婚されました。

愛情はありふれているようで実は手にすることが
難しく婚活する男女が共に
最も欲しいものなんです。

お金や学歴、職業はもちろん大切なのですが
全て愛情を測るバロメーターとして
機能しているに過ぎないんです。

この記事を読んでいるアナタも理想の人と結婚する
ことは必ずできます。

アナタが相手に何を提供できるかが肝心です。
私はアナタの味方です。
幸せな結婚を掴み取りましょう。

ポラリス紅央

3,974 views

はじめまして。 多くの迷える子羊を成婚へと導いてきた 婚活の北極星ことポラリス紅央です。 プライベートでは一姫二太郎の娘・息子の子供二人がいます。 今まで出...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。