【バツイチ婚活ブログ】この先の将来が見えないシングルマザーが人生を逆転させた方法とは?婚活アプリマリッシュ

バツ2アラフォー女の人生逆転

離婚した元旦那からの養育費が一切ない。さらに貯金もないのに、コロナウイルスのせいで、まともに生活を送ることができない。追い打ちをかけるように頼れる人が1人もいない。

毎日朝から晩までヘトヘトになりながら働いて、子どもの食事を作り、お風呂に入る。この一連の流れが今の日課。子どもとゆっくり過ごせる時間がない。

「もうがんばれない」「気が付いたら涙が・・・」

いつもお子さんにイライラしている姿を見せては、「ごめんね。いつも負担ばっかりかけさせて本当にごめんね。」と泣きながら謝り、誰にも相談できないそこのアナタ。

そう。アナタのことですよ。
貯金もない。養育費ももらえない。頼れる人がいない。

 

そんな人生を変えてみませんか?

 

アナタは”決して悪く”ありません。だから”自分を責める必要はありません”よ。
でも今の状態を変えようとしないで泣いてばかりいるアナタは”悪い”ですよ。

人生が上手く行かなくて、泣くことは悪くありません。
現状を変えようとしないことが悪いことなのです。

私に7分だけ時間をください。アナタの人生をより良いものに変えて見せます。
騙されたと思って、私に7分だけ。アナタの大切な時間7分を私にください。

今から私がシングルマザーの方の体験談を用いて、アナタの人生を、より良いものへと導いていきます。

 

 

 

『Uさんの体験談』

 

Uさんは20歳の頃に高校の時の同級生とできちゃった結婚をされました。
もちろん元旦那さんの両親、彼女の両親に結婚を反対されていました。

Uさんと元旦那さんの説得により元旦那さんの両親は渋々結婚を許してくれましたが
彼女の両親は「結婚するのなら、お前と縁を切る」と言って、結婚するのか?はたまた縁を切るのか?を彼女に選ばせました。

彼女は結婚を取り、両親との縁を切ることに決めました。

幸せな結婚生活は束の間に終わってしまいます。元旦那さんが浮気をしてしまったのです。そのことに激怒したUさんは“離婚する”という選択を取ってしまいます。

「今は女でも働ける時代なの。あんたとは終わりよ。養育費はいらないから今すぐに出て行って」と言い、元旦那さんをアパートから追い出し、離婚しました。

 

バツイチ婚活ブログ《後悔

 

勢いよく離婚したのは良いけれど、Uさんは貯金もなく、養育費ももらえず、家族にも頼れない状態でどうすればいいのか分からず、頭を抱えていました。

それからというもの「親の言う通りにしておけば良かった」と後悔してもしきれないので、ついに両親に謝りに行きましたが、当然両親は門前払いでUさんは誰にも頼ることができなくなりました。

Uさんはお子さんを保育園に預けて、朝から晩まで働き、子どもを辛い目に合わせる自分の不甲斐なさにイラつき、お子さんに当たってしまい、子どもに「迷惑ばっかりかけてごめんね。」と泣きながら謝る生活を3年程送っていました。

 

 

バツイチ婚活ブログ転機

 

ある日、彼女は職場の取引先の男性に食事に誘われますが断ります。

断った理由は【子どもと二人で生きて行くことを決めたので、恋愛なんかしている暇はない】と思ったからです。

Uさんは仕事終わりに子どもを迎えに行くために保育園に行きます。

本来迎えに行くとUさんの所に走ってくるのですが、お子さんは彼女の所には来ず、泣いていたのです。喧嘩でもしたのかな?と思った彼女はお子さんのそばに駆け寄ります。

お子さんが泣いていた理由は父親がいないことをバカにされたから泣いていました。
保育園からの帰り道泣き止んだお子さんが「お父さんがほしい」と言ったそうで、その時からUさんは再婚を考えるようになりました。

お子さんに何もしてあげられない。そんな現状を変えたいと・・

彼女は食事に誘われたが、その誘いを断ってしまったことを後悔し始めました。がもう遅い。

 

彼女は仕事の合間、寝る時間を削って婚活アプリで再婚相手を見つけるための努力を始めました。30代で離婚歴のある女性は婚活市場ではほとんど需要がありません。

ただただ諦めずにがんばれば結果が出るということを信じて、彼女は育児、仕事、家事をこなしながら婚活をひたむきにがんばりました。

 

バツイチ婚活ブログ運命の再開

 

ある時、婚活アプリである男性とデートの約束を取り付けました。

Uさんは「私はシングルマザーなので当日に子どもを連れて、3人で食事でも構いませんか?」と聞くと、その男性は快諾して下さりました。

当日約束した場所に現れたのは、以前彼女を食事に誘った職場の取引先の男性(Fさん)でした。
驚いた彼女はFさんの前であたふたと慌ててしまいました。

その日は3人で食事を済ませて終わりました。帰り際にFさんは彼女に「また3人で食事に行けますか?」と質問して、次の約束を取り付けました。

お子さんを交えたデートを何回も重ねて、ついに付き合って再婚をすることになりました。

実はお子さんは最初からFさんのことを気に入っていたそうです。

バツイチ婚活ブログ【再婚後】

Uさんの家族は毎年ディズニーランドに旅行に行って楽しい生活をしているそうです。シングルマザー時代、貯金が一切できていなかったのが今では500万円ほどへそくりがあり、少し余裕をもって生活ができているそうです。結婚生活は幸せそのもので、自分の不甲斐なさにお子さんに当たることはなくなったのです。

 

バツイチ婚活ブログ【まとめ

 

シングルマザーで貯金が一切なくても、誰にも相談できなくても、養育費がなくても幸せになれます。

今の状態を変えようと心に決めて行動するだけで・・

言い方が少し悪いかもしれませんが、どんな不幸な人生でも変えることができます。このブログを読んで下さっているアナタは、今の状態が辛くて、苦しくて、嫌で藻掻いて、人生を変えたいから

読んで下さっているのだと思います。

アナタの心は非常に正直です。

アナタが踏み出した一歩を。ほんの少しの一歩を大きな一歩に変えてみませんか?

 

人生を変えたい方はこちらを確認して下さい。

 

まだ諦めないで下さいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。