【2021年最新】シングルファザーと結婚したい女性が知っておくべき6つのこと

結婚離婚

「子供は好きだけど、子供ができにくい。子供がいる結婚生活を考えているからシングルファザーの男性と結婚したい。どこでシングルファザーの男性と出会えるの?」

「シングルファザーと再婚したことに後悔をした人はいるのだろう?」

という疑問を抱えていませんか?

先に結論を言っちゃうと

【結論】シングルファザーと結婚して後悔をしている人は少ないですし、婚活アプリで出会うことができます。

 

この記事の要点
・シングルファザーは珍しいので、なかなか出会えない
・外見や見た目より内面を重視する人が多い
・初婚では味わうことができない苦労や達成感がある

 

シングルファザーと結婚に後悔はありません!

夫の連れ子が小さかったのも有り、今では普通の家族として暮らしてます!
私自身、子供が出来ない、出来にくい体質の為、ちょうど良いのかと思っております。
子供に逢った時から、誰から教えてもらった訳じゃないのに「お母さん」と呼んでくれたので、そこで自分の決意も固まった感じです!

家事に関しても積極的にやってもらってます。

引用元:知恵袋

この記事では

  • シングルファザーが結婚相手として人気の理由
  • シングルファザーの3つの特徴
  • シングルファザーと結婚した際どんな問題が発生するの?
  • シングルファザーと結婚する心得
  • シングルファザーとの結婚後の夫婦の距離感
  • シングルファザーと出会える婚活サイト

について詳しくどこよりも詳しく解説しています。ぜひ最後までお読みください。

シングルファーザーが結婚相手として人気の理由

こちらのツイートをご覧ください。

このツイートからシングルファザーが「結婚相手として人気」ということがわかりますよね。
なぜシングルファザーが結婚相手として人気なのか?

紐解いていきたいと思います。シングルファザーが結婚相手として人気の理由は以下の通りです。

  • 人間力が高い
  • 不妊症で子供のいない結婚生活になるのが嫌

人間力が高い

なぜシングルファザーは人間力が高い。と感じる女性が多いのか?ここではシングルファザーの人間力が高い理由について紹介していきます。

シングルファザーは責任感が強く頼りになる。

シングルファザーは人間性が高いです。シングルファザーは朝から仕事をして帰宅後は家事や育児をこなしています。一般家庭の夫婦2人でこなしていることを1人でやっているので容易に大変だということがわかります。

さらにシングルファザーはフルタイムで働いている人が多く、フルタイムの仕事と家庭の両立は音を上げるほど大変です。

そんな日々を一生懸命に過ごしているシングルファザーは人一倍責任感が強く、頼りになります。

責任感が強く頼りになる部分を魅力的に感じる女性は少なくないはずです。

シングルファザーは家事や育児の大変さを知っている

シングルファザーは家事や育児の大変さを良く知っています。令和の時代でも家事や育児は妻に任せっきりという男性が多い中、シングルファザーは仕事と家事育児を両立しています。

結婚したと同時に家事や育児を全て妻任せということも少ないので結婚相手として女性に人気なのです。
なぜ結婚後も全て妻任せにしないのか。その理由は家事や育児の大変さを身に染みて理解しているからです。

仕事をしながら家事育児をこなすシングルファザーを魅力的に感じる女性は多いのです。

シングルファザーは真面目で堅実な人が多い

そもそも父親が子供の親権を握り、シングルファザーとして生活するのは珍しいです。
「母親が明らかに育児にふさわしくない」と第三者によって判断された。もしくは母親が死別した場合など。父親が親権を握ることは稀です。

父親が親権を握っている場合DVや浮気など考えにくいです。

仕事を終えた後、同僚と飲みに行くこともなく、帰宅しお子さんの世話をする人が多いので、シングルファザーは真面目で散財などせず堅実な方が多いと言えます。

なのでシングルファザーは女性から安心感があり、人気があります。

 

不妊症で子供のいない結婚生活になるのが嫌

シングルファザーを結婚相手に求める女性は、お子さんを囲む結婚生活を望んでいるのに不妊症などの影響で産めない。「どうしても子供が欲しい。」「どうしても母親になりたい。」などの強い希望があり、お子さんのいない結婚生活は考えられない人がシングルファザーを結婚相手として希望するのです。

要するに「産めないけれど、子供のいない結婚生活は嫌。」という方がシングルファザーを結婚相手に選ぶ人が多いです

 

シングルファーザーの特徴3選

「シングルファザーと結婚したい。」と思っていても具体的にシングルファザーの特徴を知らない方も多いのではないでしょうか。ここではシングルファザーの特徴について解説しています。シングルファザーの特徴は以下の通りです。

  • シングルファザーは数が少なく、珍しい
  • シングルファザーは外見が良いだけの人を求めていない
  • シングルファザーは経済力が安定している

シングルファザーは数が少なく、珍しい

シングルファザーの数が少なく珍しいです。なのでシングルファザーと出会う機会が少ないです。
全国の独身の成人男性1200万人いますが、そのうちの1%の20万しかいません。

シングルマザーは全国に120万人いますが、その6分の1の20万人しかシングルファザーはいません。

これだけ数が少ないとシングルファザーの人気に火がつくのも納得できますね。

じゃあどこでシングルファザーと出会うことができるのか?色んな男性がランダムにいる婚活パーティーや街コンなどではまず出会えません。

結婚相談所はエージェントがついているのでシングルファザーと出会うことはできますが、費用が高いのでネックになります。

婚活アプリはシングルファザーと出会うことができます。シングルファザーは働きながら家事や育児をこなしているので、忙しくあまり時間はありません。なので婚活パーティーや街コンに顔を出す時間がないのですが、婚活アプリだったらスキマ時間を見つけて異性とやり取りをしています。

 

アプリ名シングルファザーの人数(東京在住)
1位マリッシュ600人
2位ペアーズ500人
3位yahoo!パートナー400人
4位ユーブライド200人

※2021年2月時点

シングルファザーと結婚したい人にオススメの婚活アプリは「マリッシュ」です。本気の婚活ポータルサイト独自の調査によると、マリッシュにシングルファザーが多いです。(東京の場合)

マリッシュは他の婚活アプリよりプロフィール欄が充実しているので、面倒なやり取りをすることなく相手がシングルファザーかどうか。判断がつくと思います。

シングルファザーは外見が良いだけの人を求めていない

シングルファザーは独身男性が結婚相手に求める条件とは少し違い、顔の良し悪しやスタイル、若さで決めることはあまりありません。

シングルファザーになった経緯を考えてみると自ずと答えがわかります。シングルファザーは離婚、死別などを経て親権を得ています。死別の場合を除くとシングルファザーは前妻を子育てにはふさわしくない人。と判断したので親権を得ています。

なのでシングルファザーが結婚相手に求める条件は以下の通りです。

  • 思いやりがあり、優しい女性
  • 子供好きな女性
  • 落ち着いている女性

つまり子育てにふさわしい女性だったり、内面的に美しい女性を求めているのです。

 

シングルファザーと結婚した場合どんな問題が発生するの?

 

シングルファザーと結婚した場合どんな問題が発生するのだろう?

初婚同士の結婚とは大きく違うのは分かるけれど具体的にイメージがつきにくいシングルファザーとの結婚生活。ここではシングルファザーとの結婚生活で直面するかもしれない問題を取り上げています。起こるかもしれない問題を事前に知っておくことで、心の準備や対策をすることができます。

シングルファザーとの結婚した場合以下の問題が発生する可能性があります。

  • 連れ子を愛せない自分を責めてしまう
  • 連れ子が疎外感を感じてしまう
  • 前妻の存在がストレスに感じてしまう

連れ子を愛せない自分を責めてしまう

よく「血のつながっていない子供と上手く行かない」ということを聞きませんか?

連れ子再婚をすると「必ず。」と言っても良いくらい出てくる血の繋がっていない子供と上手く行かない問題。

「子供が懐いてくれない。話しかけても話したくなさそう」「心を開いてくれない」などと問題が生じます。連れ子と上手く行かないので段々距離が広がり、連れ子を愛せない自分を責めてしまうことが予想されます。

すぐにお子さんとの距離感を縮めることができないからと言って焦る必要はありません。
ゆっくり時間をかけて自然体のまま距離を縮めていくことができれば解決できるのではないでしょうか。

 

連れ子が疎外感を感じてしまう

連れ子が疎外感を感じてしまう時はシングルファザーが結婚後に新しい子供を授かった時です。
シングルファザーと結婚したい女性が”不妊症”などで、子供ができにくい場合は連れ子が疎外感を感じる可能性は低いです。

連れ子は血のつながりがない子供。新しく授かった子供は血の繋がった子供。
このことを連れ子が理解できる。もしくは理解はできないけれどなんとなく雰囲気で感じる場合連れ子は疎外感を感じます。

居づらさを感じ、心を誰にも開くことができなくなる可能性があります。
そうならないために新しく子供を授かる時に夫婦だけで話し合うのではなく、連れ子の意見を聞いてみましょう。

 

前妻の存在がストレスに感じてしまう

シングルファザーが親権を得たということは前妻は子育てにはふさわしくないです。
なのに連れ子が無意識に前妻のことを引き合いに出し、比べられ前妻の存在がストレスに感じてしまうこともあります。

「え?前妻は子育てにはふさわしくないのに・・なんで比べられなきゃいけないの~」と血の繋がりというだけで比べられてしまい前妻の存在がストレスに感じてしまいます。

 

シングルファザーと結婚する時の心得

シングルファザーと結婚する時の心得は何だろう?

シングルファザーと結婚する時はパートナーの男性を大切にするのと同時に連れ子も大切にする必要があります。パートナーのことは好きでもパートナーのお子さんも同じ様に好きかは別の話ですよね。でも結婚するということはシングルファザーと結婚する時心得はパートナーと同じように連れ子も大切にする覚悟が必要なのです。

 

シングルファザーとの結婚後の夫婦の距離感

シングルファザーとの結婚後の夫婦の距離感ってどんな感じなの?

ここではシングルファザーとの結婚後の夫婦の距離感について解説しています。
シングルファザーとの結婚は段階を踏まずいきなり母親になるということなので、多少なりとも戸惑うことが出てくると思います。

戸惑いがある中での夫婦の距離感って一体どんな感じなのでしょうか。ここではわかりやすく解説していきます。

1段階目:毎日が楽しくて仕方がない時期

新しい恋人ができたり、結婚当初はほとんどの人が幸せで毎日が楽しくて仕方がない時期です。
あなたは入学当初のあのワクワク感を覚えていますか?

結婚当初も入学当初同じで「どのサークルに所属しようかな」「この人となら幸せな家庭を築くことができそう」とワクワク感が高まっています。

この時期は「何でも上手く行く。」と根拠のない自信があり、他人の忠告を無視してしまいがちです。

2段階目:違和感を感じ始める時期

1段階目のワクワク感がいつまでも続くはずがなく、段々違和感を感じるようになります。
相手の家庭の習慣とのギャップを感じたり、パートナーやパートナーの子供の態度や言動にイライラしてしまい、自分自身や相手に感情をぶつけてしまいがちです。

そして自分だけ血が繋がっていないので疎外感を感じることもあります

ワクワクが終わり違和感を感じるようになったら、まずは深呼吸して冷静に状況判断をしましょう。

3段階目:上手く行かない現実を痛感する時期

ギャップを感じ、上手く行かない現実を痛感し、ネガティブな気持ちになる時期になります。
「シングルファザーとの結婚は間違った選択だったのかな」「血の繋がっていない子供が私に心を開いてくれるわけない」とネガティブな気持ちになります。

「人の忠告を聞いとくべきだった。」と後悔することになります。異常に神経質になったり、夫婦間での認識のずれを話し合うことができず、不満を溜まっていくことになります。

4段階目:家庭内がギクシャクした雰囲気になる時期

3段階目での溜まった不満が急に爆発し、頻繁に夫婦間で言い合いが起こり関係が悪化し、家庭内がギクシャクした雰囲気になります。

シングルファザーと連れ子は血の繋がりがあり、自分だけ孤独感を感じ、家庭内に居場所がないように感じてしまいます。

戸籍上は家族なのに居場所がなく、結婚したことを後悔するようになります。

5段階目:浮き彫りになった問題を解決しようとする時期

問題を解決しようとする時期にたどり着くまで早くて数年かかると言われています。
浮き彫りになった問題を解決し、家族の絆を強くしようと行動に出ます。

何が問題なのか。改めて現実を見て、どのようにアプローチをかけていくのかをじっくり考え、話し合いを重ねステップファミリーならではの柔軟性を活かし、解決に動きます。

6段階目:夫婦の距離感が縮まる時期

問題解決後、夫婦の距離感が縮まり、一緒に居ることが快感になります。
血の繋がりのない親子も血のつながりを越えた絆で結ばれた親子になります。

問題は出てきますが、ギクシャクせず、問題が大きくなる前に解決しようと行動するようになります。

7段階目:血は繋がっていなくとも心が繋がる時期

いくつもの問題を解決し、家族間で達成感や絆がさらに強くなります。血の繋がりはないけれど本当の意味で繋がっている家族なので不安や焦りなどはありません。

この段階になるまでおよそ7年ほどの時間がかかります。(あくまで目安)

発達が早い家族は4年ほどで家族として成長します。ちなみに最初の段階でたくさんのエネルギーを使い、問題を解決した家族は発達が早いです。

 

シングルファザーと結婚したい人にオススメの婚活サイト

最後にシングルファザーと結婚したい人にオススメの婚活サイトについてご紹介させていただきます。

先ほどお話したようにシングルファザーは少ないので、出会うのが難しいです。街コンや合コンなどにたくさん顔を出してもシングルファザーに出会う可能性はほぼ皆無です。

シングルファザーは仕事と家事育児を両立しているので、忙しく街コンや婚活パーティーには行きにくいです。なので婚活アプリやマッチングアプリなどを使い、スキマ時間を見つけて結婚相手を見つけているのです。

シングルファザーとの結婚を考えている方はぜひ試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました