【バツ2男の後悔】「バツ2」が原因で結婚(再婚)できない男性が読むマニュアル

結婚離婚

「バツ2ということが足かせになり結婚することができない。彼女が離れていきそう・・」
「再婚を考えていたのに・・バツ2ということが原因でフラれてしまいそう・・」
「バツ2だから彼女の両親が結婚を認めない。」

という悩みを抱えてバツ2という事実を後悔していませんか?

確かにバツ2という結婚歴は今後の結婚の足かせになってしまいますよね。バツ1なら初婚の方と結婚することはできても、バツ2の方はそう簡単には初婚の方とは結婚できないです。

「バツ2の男性だから」といって一括りにできるわけではありません。バツ2の男性だからといって全てが同じという訳ではありません。それぞれ離婚した背景だって違います。

ポラリス紅央
ポラリス紅央
後悔するのは早いですよ。

この記事では

  • そもそも何故バツ2の男性が後悔することになるのか?
  • バツ2の男性が無理に結婚・再婚を迫るのは逆効果?
  • バツ2の男性ができるたった1つの秘策とは?
  • 無理だった場合どうすればいいの?

そもそも何故バツ2の男性が後悔することになるのか?

運命のお相手が初婚だった場合、結婚することが難しくバツ2の男性はバツ2という事実を後悔するのです。

お相手が離婚歴のある方だったらバツ2男性でも結婚に踏み込むことはそれほど難しくありません。ですが「バツ2」という部分がどうしても引っかかる初婚の女性が多いのです。無理もありません。自分が3人目の離婚相手になることを避けたいからです。

「2度あることは3度ある。」という言葉がどうしても頭をよぎります。離婚する可能性を考えたら「結婚はちょっと・・・」と躊躇されるのです。

そしてバツ2の男性は「バツ2」という事実を後悔するのです。

バツ2の男性が無理に結婚・再婚を迫るのは逆効果?

「バツ2」ということが原因でお相手が結婚を躊躇されている場合、無理に結婚や再婚をするように迫るのは逆効果なので絶対にしないでください。

お相手が申し込みに躊躇するのは理由があります。そこに無理やり迫るのは一方通行なのでお相手にさらに距離を取られてしまい、余計に難易度が上がってしまいます。

迫らずに結婚の話題を避け、お相手の女性の様子を見ながらどうすれば良いかを考えてみて下さい。具体的には彼女の不安材料である「3度目の離婚」について、どのような対策をとれば、彼女を納得させることができるか。熟考してください。

例えば、婚前契約を第3者(弁護士等)が立ち合いのもと作成する。内容は別れたら全財産を譲渡するとか。

”考えるだけで”彼女には3度目の離婚対策や一切結婚の話などはしないように心がけて下さい。

バツ2の男性ができるたった1つの秘策とは?

バツ2の男性ができるたった1つの方法は、2度の離婚理由を包み隠さず客観的に伝えることです。

何も切るカードがない時は誠実さで勝負をかけた方が良いです。誠実さを出すことで「この人は都合悪いことも自分からハッキリと言える誠実な人なんだ」となれば、結婚できる可能性は60%です。

誠実さはお相手に安心感を与えますし、自分も堂々とすることができます。

離婚理由を話す際、自分に都合の良い真実だけを言う方が居られますが、それで結婚できても長くは続きません。バツ2だからお相手が結婚を躊躇している。という事実に目を向けるように、2度の離婚理由を事実だけに目を向けて話すようにしてください。

あなたが思っているよりお相手は賢いです。余計な駆け引きはかえってお相手との距離を遠ざけてしまいます。

無理だった場合どうすればいいの?

もし無理だった場合、まずは自問自答して見て下さい。

「自分の都合に良い離婚理由を話していないか」を。
ちなみに人は唯一だますことができない人がいます。それは自分自身です。しっかり話せたかどうかはご自身が一番わかっているはずです。

もし話してもダメだった場合、バツ2の男性を受け入れてくれる運命の人を待ち続けるのか。自分からバツ2の男性を受け入れてくれる運命の人を探しに行くのか。を決めて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました