引きこもり婚活~引きこもり会社員が成婚できたその方法とは一体?~

888
婚活ブログ

引きこもり婚活~引きこもり会社員が成婚できたその方法とは一体?~

 

この記事には成婚の方法が書かれています。成婚方法がわかれば誰でも必ず半年以内には成婚できます。必ず5分は時間をかけて読んでください。

婚活をしても、結婚できないことを考えると怖い。
と思って婚活に億劫になっているそこのアナタ。
そうアナタの事ですよ。

家でのんびりしながらでも、婚活をすることはできますよ。
最近の婚活スタイルは様々です。どこでもできる婚活というのが主流です。

たとえ会社がない時以外は家で引きこもっている方でも、婚活をすることができますし。
引きもこもっていない方でも婚活をすることはできます。

どこで婚活をするのか、またはどのような手段で婚活をするのか、大事なのではありません。
本気で結婚したいかどうか、諦めないかどうかが重要なのです。

今回は仕事以外は家で引きこもっているアラサー男性の方の成婚秘話をお話させていただきます。

88

Nさん 33歳 会社員

Nさんは会社以外はいつも家で過ごしています。
その理由は余計なお金を使いたくない、仕事のない日はずっと寝ていたいなど全部上げると、
キリがないくらいたくさんある理由で家に引きこもっていたい方です。

とある休みの日に、Nさんは買い物に行くとき街中で、近所の幼馴染の女性に出会います。
Nさんがずっと幼少期から好きだったその女性。Nさんは幼馴染に声をかけます。

懐かしいふたりは、近くの喫茶店で会話をします。
幼馴染の女性は、その日は特に予定はなかったので、Nさんとの会話に付き合ってくれました。

昔の話で盛り上がった2人は、最近は何をしているのか?という話題に話に変わります。
そこでNさんは驚愕の事実を知ります。

実は幼馴染の女性は既に結婚していたのです。
Nさんの頭の中では、最近の近況を話した後に、
幼馴染の女性をデートに誘うつもりだったのに、もう既に既婚者なのです。

なんで結婚をしたことを知らせなかったのかというと
幼馴染の女性は婚活アプリを使って、結婚したのです。

お互い共通の知り合いはいないので、結婚式は親族だけでして
結婚相手の方は、転勤が多くて、幼馴染の女性は日本各地を移動していたのです。

なので、幼馴染の女性は今日まで、Nさんに結婚したことを言わなかったのです。

その事実を知ったNさんは、今までは結婚したい願望がなかったのですが、急に芽生えてきました。
幼馴染の女性との会話を早めに切り上げたNさんはネットで婚活を始めます。

が、なかなか上手く行かなかったのです。

 

婚活

 

サクラがいると知らずに、サクラのいる婚活アプリを使って
ポイントだけを巻き上げられたりして、Nさんの婚活は全く上手く行かなかったそうです。

さらにデートを約束していた方と、突然、連絡が来なくなったこともあるのです。
そのせいでNさんは、婚活アプリで婚活をするのが怖くなったそうです。

婚活アプリでの婚活手段がなくなり、次は婚活パーティーで婚活をしたのですが、マッチングすることなく惨敗でした。

Nさんはネットで結婚相談所を検索していた時に、私を見つけられました。

「急に結婚したくなったのですが、まずは何からはじめたらよろしいでしょうか?」と
問い合わせが来たので、今度私に、婚活のお話をお伺いさせてください。
とお誘いすると、Nさんは快諾されました。

数日後、私はご相談に来られたNさんのお話をお伺いしました。
そしてNさんは私の説得と指導の下、婚活アプリを使って婚活を始められました。
Nさんが使った婚活アプリはユーブライトです。

 

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

 

【2020年】ユーブライト(youbride)の口コミや評判は?

 

結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)

婚活アプリユーブライトは昨年ユーブライトを通じて、知り合って成婚された数が、
2442人という結婚相談所顔負けの婚活アプリなのです。

ユーブライトの特徴は年齢層が他の婚活アプリと比べて少し高めなのです。
35~45歳ぐらいの男女が一番多くて、その年代がユーブライトではメインの層になります。

メインの層の年齢が高いことと、男女ともに課金をしないと使えない婚活アプリなので
女性は身銭を切って婚活をしているので、「今年中に結婚する」と強い意志を持っている方が多いのです。
2つの理由が重なって、ユーブライトの成婚の数が非常に多いのです。

ユーブライトをはじめて、2週間後にデートの約束を取り付けました。
デート当日、Nさんはお相手の女性との顔を合わせた瞬間に一目ぼれをしました。
お相手の女性がNさんに興味がなくても、一切めげることなく、猛アタックの末に見事Nさんはお付き合いに発展されました。

交際から2ヶ月後、Nさんはお相手の女性との結婚を視野に入れはじめた時に、お相手の女性が、他の男性とNさんと同時進行のお付き合いがあることを知ります。

そのことを知ったNさんはお相手の女性に問い詰めるのか?それともそっとしておく方が良いのか?
2日間迷って私に相談されました。

私はNさんに「他のお相手を探すのか?今のお相手と結婚するのか?
私の問題ではないので、Nさんが自分で決めてください。」とお伝えしました。

Nさんは「結婚の目的は、夫婦二人三脚で辛い時も、楽しい時も乗り越えて幸せになることです。
今後、今の相手では辛いときを乗り越えることはできないので、別の結婚相手を探します。」と仰られました。

Nさんは今のお相手に別れを告げて、再び婚活アプリを使って結婚相手を探されました。
ですがNさんの条件に合う女性は見つからず、様々な婚活アプリを併用して2週間後に、デートの約束を取り付けました。

約束の時間に現れたのはNさんの幼馴染の女性だったのです。
実は幼馴染の女性はNさんと再会してから、1ヶ月後に離婚していました。性格の不一致が離婚の理由だったのです。

マリッシュ

お互いをよく知っている2人は、すぐに意気投合して見事成婚されました。

婚活は初めから上手く行くことなんて、ほとんどありません。

婚活はあきらめなければ必ず成婚できます。それで結婚できない方は、どこかで「自分は結婚できないかもしれない」と思っているからではありませんか?

 

婚活を続けるのが辛いと思った方はこちらの記事をご覧ください。

婚活に疲れたアラサー女性どうしたら結婚できるの?最高の婚活方法をお伝えします。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。