婚活に疲れた女。一生独身になることを恐れて焦りを感じた結果

konktu
婚活ブログ

一生独身かもしれない。
一生独身だったら私は何のために生まれてきたの?・・・と
焦りを感じて婚活パーティーに片っ端から
顔を出しているアナタ。

アナタが思う生まれてきた理由は何ですか?

結婚して子供を作って幸せな家庭を築くためですか?

今回は結論から言います。

アナタが生まれてきた理由なんてありません。
あるとすればアナタの親が子作りをしたからです。

私もアナタもこの世ではちっぽけな存在です。

焦ってはダメです。

これだけはアナタの心のノートにメモしてください。

焦って強引に婚活を進めても
アナタが不幸になるだけです。

なぜなら焦り過ぎて周りが見えなくなった
アナタは暗闇の中でもがきながら何としても
結婚しようと思うあまりアナタが本当に
心から良いと思えない人と結婚してしまう
可能性が高いからです。

あまりに結婚を追い求めるアナタは
思考停止に陥ります。

何とか結婚にこぎつけても暗闇から徐々に
目が慣れてくると結婚生活が苦痛に感じて
後悔一杯の結婚生活にピリオドを
打つことになってしまいます。

アナタはそんなことを望んでいませんよね?

32歳女性 Iさん【職業 会社員】の実体験

今回は女性Iさん32歳【職業 会社員】の
お話をさせて頂きます。

女性Iさんは一生独身は嫌だと30歳あたりから
焦りを感じてせっせと婚活パーティーに
行くも、結婚につながる良い出会いが
なく失敗ばかりです。

Iさんは婚活が上手く行かないので
私の所にご相談に来られたのですが
私はIさんを一目見て、このままでは
上手く行かないと感じました。

お話をお聞きすると、Iさんは結婚そのものに対する
憧れがとても強く幸せな家庭を築き
子供2人、旦那様、犬一匹を飼う郊外の自宅で
お菓子を焼きながら子供の帰宅を
待つ専業主婦になることを夢見て
まるでそれを実現するために
自分はこの世に生まれてきたと
思い込んでいるようでした。

なので私は「もう一度結婚について冷静に
考えるように」と丁寧にお伝えしました。
Iさんは私の伝えたことに異論を唱えたのです。
「私は細部まで未来の結婚生活に
ついて考えています。これ以上どうすれば
良いのですか。」と

なので私はIさんに「独りよがりの計画を
立てるのは、Iさん、アナタの勝手ですが
結婚というのは相手がいて
初めて成り立つものです。」とお伝えしました。

私はIさんに「具体的に相手を見つけてから
相手と寄り添い結婚生活の計画を
立てるのはいかがですか?」と提案しました。
すぐにはIさんは私の話を理解されませんでした。

「Iさんが綿密に計画しているのは夢物語で
いわゆるRPGなのですよ。
アナタの計画は完璧に見えても一番肝心の本物の
お相手はどんなお顔で、性格で、
食べ物では何が好きで、声はどんな感じで
手は大きいか、ジーンズが似合うか
アナタは全く知らないでしょ?
だってまだ出会っていないお相手なので
そこの部分が空白なんですよ。
そこが最も大切ですよ。」と丁寧にお伝えしました。

結婚生活はRPGではなくリアルな人生です。
ですので独りよがりの計画を立てても
全く無意味で婚活の迷宮からは
抜け出すことはできません。
お互いに話し合い現実を受け止めながら
より幸せで明るい未来を目指す
リアルな冒険なのです。

最終的にIさんは納得された様子でしたので
エージェントを通じて紹介を受けられることに
されました。

5ヶ月後に知り会った男性Uさん40歳【職業 経理】
と現実の結婚をされました。
Iさんの抱いていた結婚生活とは違い
駅近のマンションに住まれてIさん自身も派遣社員と
して広告代理店で働かれています。
犬どころか金魚も飼ってないとのことです。

お菓子を焼くのではなく週末は
グルメサイトで見つけたお店で
外食三昧の楽しい生活だそうです。

当初の計画とは全く違うのですが
それでも現実のほうが幸せと仰っていました。
人生は自分の思い通りにならないからこそ
思いがけない幸せを得られるのかもしれません。

人は生まれてきた理由を
探そうとするあまり・・・・・

最初の段落でも述べたように人は
生まれてきた理由なんてありません。

理由なんて探しても見つかりません。
理由よりリアルの相手を見つけて、見つめて下さい。

理由探しよりアナタは幸せな結婚生活を
掴んで下さい。私はアナタの味方です。

婚活に疲れた~婚活が上手く行かない40代男は会話のここで失敗する~

婚活に疲れた~婚活が上手く行かない40代男は会話のここで失敗する~

ポラリス紅央

6,819 views

はじめまして。 多くの迷える子羊を成婚へと導いてきた 婚活の北極星ことポラリス紅央です。 プライベートでは一姫二太郎の娘・息子の子供二人がいます。 今まで出...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。