婚活に疲れたアラフォー男がストレスから婚活ウツを乗り越えて・・・。

婚活鬱
婚活に疲れたアナタに
婚活パーティーでも1対1のデートでも全く進展がなく
毎回々ちょっといいな、と思っても何故か
お相手からはお断りの嵐。
 
ラインのフォルダが婚活歴の悲しい
歴史を物語るまるで展示スペースと
なってしまっているそこのアナタ。
 
そう、アナタのことですよ。
 
今日お話ししたいのは婚活に疲れて
軽度のうつを患ってしまった男性が
大逆転からわずか6ヶ月で
成婚されたお話をさせていただきます。
 
 
Rさん【41歳 職業:大学講師】
 
Rさんはある大学の講師をされていました。
大好きだった考古学の授業を受け持ち
バリバリと働いていましたが
ある時、マンションを相続されたことを機に
婚活を始めます。
 
初めは婚活パーティーではなく
アプリを登録されたのですが
なんとそこで同じ大学の
准教授が婚活されているのを
知ってしまいます。
 
同じ大学の准教授はRさんよりも
13歳以上年上でRさんがその大学に
勤め始めた時にはすでに婚活をされていました。
 
しかし、一向に結婚出来る様子はなく
いつしか婚活アプリを活用して
別の道へ走っていきました。
 
ある事件を機にその准教授は大学を
退職するのですがそのアプリでは
まだまだ婚活迷路へ迷い込んで
光が見えなさそうでした。
 
 
偶然に元准教授の近況を知ってしまったRさんは
即日そのアプリを退会します。
 
そこからRさんは婚活パーティーへ
足しげく通うのですが一向に
マッチングせずたまのデートでも
1、2回目でお断りをいただいてばかりです。
 
 
もともと倹約化でリスクリワードが
合わないことは苦手なRさんは
お金も時間も費やして毎週末に
人ごみの婚活パーティーへ通うことが
ストレスになっていきました。
 
ある婚活ランチパーティーで
Rさんのストレスは爆発します。
物凄く苦手なタイプの女性が
お酒に酔ってRさんに絡んできたのです。
 
その日からRさんは婚活パーティーへ
行くのをやめてしまい自宅で引きこもるようになります。
 
結婚できない自分は何が足りないのか
もう一生一人かも・・・。
 
深いため息と激しい失望感から
めまいや吐き気に襲われて大学での
講義も心ここにあらずで日中は
ぼーーーっとしてしまう時間が長くなりました。
 
このままではいけないと思い
趣味の考古学仲間と休日に
地質学や考古学に没頭しようとするのですが
あんなに熱中していた考古学も
全てむなしく感じて手につかなくなってしまいました。
 
様子がおかしいと思った友人の一人が
私をご紹介して下さったのですが
初めてお会いした時のRさんの青白い顔や
生気のないまなざしを私は今では
笑い話になりますがきっと一生忘れられないと思います。
 
それほど初めて会った時のRさんは
沈んでいらっしゃいました。
 
早速Rさんの婚活を成功させるために
ヒアリングを開始しました。
 
Rさんは決して社交的なタイプではありませんが
物静かで温厚な上に頭もよく
収入面でも安定していてお仕事とは別で
不動産収入などのプラスがあるので
かなり余裕を持った生活が送れるので
条件は決して悪くありません。
 
ただ、女性とお付き合いの経験が少なく
あまり女性慣れしていないので
マッチングアプリで女性にガンガン
アプローチするのは苦手なようでした。
 
マッチングアプリは女性には向いている場合も
ありますが男性の場合はご自身が積極的で
社交的なタイプでなければあまり効果的ではありません。
 
女性はアプリ内ではどうしても待ちの姿勢になるので
積極的な男性の方が有利になってしまうのです。
 
婚活パーティーも全く同じです。
 
 
また、Rさんが婚活で上手く行かなかったのは
偶然が重なって元同じ職場の准教授や
婚活パーティーでの酒癖のすこぶる悪い女性との
苦痛な時間、など。
 
小さなマイナスが積み重なって
心が疲れてしまったのです。
 
これは意外によくあることなのですが
婚活鬱や婚活のストレスの原因は
実は小さな原因がタイミング悪く重なって
少しづつ心を蝕んでいくのです。
 
きっかけは振り返れば本当に些細な事でも
トンネルを抜け出すまでご本人は
全く周りが見えなくなってしまいます。
 
 
まず私は婚活のことは一切忘れて
と言いますか強制的に考えず
敢えて婚活から離れて仕事や
趣味・旅行などへ出かけるように
お勧めしました。
 
本当は少し遠くへ行って欲しかったのですが
お仕事の都合で隣県への遺跡巡りになったようです。
 
Rさんは平日はお仕事で
お休みの度に婚活以外のことをしていただきました。
1ヶ月もスッパリ婚活から離れていただき
私への連絡も婚活に繋がる全てのことを
断っていただきました。
 
婚活断ちですね(笑)
 
1か月後のお約束した日に
Rさんが私のところへ予約時間ぴったりに
来られました。
 
Rさんに私がお話しした婚活方法は
パートナーエージェントを使う婚活をお勧めしました。
 
 
正直、婚活のパートナーエジェントは
費用は安くありません。
しかしRさんは41歳で来年42歳です。
 
それなりの貯金もありますし
何より本気で結婚を望んでいるので
婚活エージェントの費用が高いか
安いかリスクリワードが合っているかは
資料をじっくり読まれてから検討されても
良いので私からは強く勧めず
一度、考えてみて下さいねと
お伝えしました。
 
誰だって見知らぬ場所にある結婚相談所へ
通うのは不安ですが資料請求で
詳しい内容や雰囲気、サービスなどを
ご覧いただければしっかりと納得できます。
 
 
会員の成婚率の高さとエージェントの質の良さ
誠実さは目を見張るものがあります。
成婚させるために人柄やライフスタイル
好みなど詳細にヒアリングして
もしも3ヶ月以内に出会いがなければ
全額返金してくれます。
 
自信がなければできないサービスなので
不安な方はまず資料請求で
パートナーエージェントの資料請求で
規約や実績を御覧いただければと思います。
 
 
Rさんはその後パートナーエージェントで
出会った女性と6ヶ月でご成婚されました。
 
ここではプライバシーのため詳細は
秘匿いたしますが
すごく素敵な看護師さんです。
 
婚活鬱を乗り越えて短期でアナタの
婚活を成功させるにはプロに任せるのが
1番早いのです。
 
自分でもがけばもがくほど婚活トンネルから
抜け出せないアナタ。
 
私はアナタの味方です。
一緒に頑張りましょう。
 

ポラリス紅央

6,810 views

はじめまして。 多くの迷える子羊を成婚へと導いてきた 婚活の北極星ことポラリス紅央です。 プライベートでは一姫二太郎の娘・息子の子供二人がいます。 今まで出...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。